HOLLOWGRAM(ホログラム)

2014年結成
各メンバーが各々様々な活動を展開しつつも、繊細且つドラマティックな楽曲、シーケンスを導入した緻密な音像から息を飲むアコースティックと言った表現の幅を持つバンド。
 
2017年9月から新体制となり2年ぶりの流通作品「FLUID」が2018年9月にリリースされた
 
ほとんど動きのなかった2017年とは打って変わって多くのイベント出演、11月からはワンマンツアーの開催、2019年1月20日に渋谷O-WESTにてツアーファイナルと5周年記念公演を行った。
 

ryo

リョウ

Vocal , Lyric , art works
Birth : January 19
Blood type : O
ex-GULLET , 9GOATS BLACK OUT
HOLLOWGRAMを母体としながらBuck-Tickのマニピュレーターとしても知られている横山和俊氏とのデジタルユニット TAG、ゴシックパンクを標榜する DALLE、シンプルで抒情的なロックバンド KEEL(2018年8月を持って第1期終了)などを並行、スタイルの軸を少しづつ変えながらボーカリストとして活動。
 
デザインを担当し、自身のバンド以外にも外部の作品に協力・参加することもあり。
 
Twitter ID @ryo_dalli
 

夢時

Yumeji (ユメジ)

Guitars , Compose
Birth : February
Blood type : B

様々なバンドで活動後、自身がギターボーカルを取るeStrialをHOLLOWGRAMとほぼ同時期に始動。

大胆且つ繊細で、独自のトーンをギターに纏う唯一無二のギタリスト
その他、様々なサポート、レコーディング、アレンジ、コンポーズと多方面で活躍中。メンバー内では年間ステージ数最多。
 
Yumiji official website https://yumeji.guitars/blog/im-yumeji/
 

一也

kazuya (カズヤ)

Compose , Bass , Manupilate , Guitar
Birth : November 11
Blood type : A
下手ギター兼マニピュレーターとしてバンドに参加したが、2017.09よりステージではギターからパートを変えてBassとなる。HOLLOWGRAMの楽曲のほとんどを担うサウンド的に要の存在。
ベースの他、編成によってはギター・アコースティックギターなども並行して演奏。サポートではヴァイオリンなど多くの楽器に精通
 
 公表はされていないが、外部アーティストへの楽曲提供も行う
シャイ。

Shinya

シンヤ

Drums 
Birth : May 20
Blood type : AB
人格ラヂオサポート
妥協のないドラミング。且つ熱いショットと心でバンドの体幹を支える
シーケンスを多用した楽曲との絡み、生楽器のみのフックの効いたアンサンブルのどちらにもリズムの息遣いを感じさせる
  
人格ラヂオvocal 悠希のsolo活動のサポートも務める。
 
Twitter ID  @shin_ciao0520

 
 Tour 2018 The fluid 直前インタビュー

 respondent : ryo
 

Q20179月から一也さんがギターからベースへパートチェンジして4人体制となりましたが
音の変化、バンドの変化はどうでしたか?
 
A:複雑に絡んでいた網の目のような構成から、各パートの見通しが良くなった。
どちらにも良さはあるけれど、担える範囲が変わった分楽しみ方も変わって来た
ギター、バイオリン、そしてベースと各楽器を弾き分ける一也と
二本分のギターパートを一本にまとめ奏でる夢時という弦楽器二人が本当に頼もしい。
 
 
Q:その新体制での復活ライブでは新曲が2曲発表されました
その一曲のHistoryは新作FLUIDに新録の形で収録されていますね
もう片方のPaint in watercolorは配布という形でしたが、今後何かの形で収録の予定はありますか?
 
A:ワンマンツアー前のアコースティックイベントで約一年ぶりに披露しました
「新体制を目撃しに来た人のためだけのものにしたい(配布曲)」という作曲者の意向もあるんですが
改めていい曲だと思うので、形を変えてもしくは新録してみたいです。
 
 
Q:新しい音源FLUIDが9月にリリースされました
これまでの繊細で叙情的なHOLLOWGRAMの長所を変えずに、
肉体的でライブを想起させる楽曲が増えたように感じました。
作詞、作曲、レコーディングなどでこだわった点、トピックなどを教えてください。
 
A:音に関しては、これまでをただなぞっていくことはしないと話してました。
予定通りの変化、というわけではないけれどメンバーそれぞれがその領分で
少しづつ新たな試みを持ち寄った結果が今回の音になっていると思います。
初めはかなりアコースティックに振り切ろうか、という声もありましたが
今回はこの形でのまとまりとなりました。
歌詞に関しては初作Qualia以前から続く個人的テーマ「二律背反」を終わらせたこと
相対する別のものを描いて、その対象を読み取る、という形を取らず
混沌で支離滅裂、矛盾そのものでありながら霧散してはいかない。
それ自体が流体(FLUID)=心であるという思いで書きました。
 
 
Q:今月からOne-man tour “The fluid”が始まりますが、何が一番楽しみですか?
またそれぞれ皆さんの出身地の公演もあります意気込みを教えてください。
 
A:札幌は6月にも行くことができたけれど、長野、新潟でのワンマンなど、本当に久しぶり。
出生地や時代などは後から変えられない。変わるのは向き合い方。
興行的に厳しい行程でも、今の自分らが纏う音と言葉をもってその地に立つ
それを大切に各公演、内燃の火をゆっくり燃やしてこようと思ってます。
 
 
Q:皆さんHOLLOWGRAMの活動以外でもそれぞれサポートや自身のバンドなど
多方面で活躍されていますが、切り替えはどのようにしていますか?
またそういった活動の利点、気をつけている点、などを教えてください。
 
A:成長も無駄や無意味に思えるようなことも、やっぱり自分に帰ってくるし、そうさせるのも自分次第。
身体的には無理をすると壊れるのがはっきりしたので、労わるように心がけるようになって来ました。
 
 
Q:来年1/20にはHOLLOWGRAM5周年記念公演が控えています。
ツアーファイナルに向けての抱負を聞かせてください
また来年のHOLLOWGRAMのビジョンがあったら聞かせていただけますでしょうか
 
A:HOLLOWGRAMは過去も未来も歌います。
人生賛歌も卑屈な心も。この5年、ひいてはこの四半世紀大切にして来たものを
一層大事にしようと思ってます。
 
Q:最期にリスナー、ファンの皆さんへのメッセージを聞かせてください。
 
A:まず、過去の活動含めずっと応援してくれている方々、本当にありがとう
あなた方のおかげでこうしてまた全国を回ることができます。
そして最近触れる機会を持ってくれた人
今あなたが思うより実はきっともっといいバンドです
出会いに感謝します。
 
 

ryo
 
Q: In September of 2017 Kazuya changed from guitarist to bassist and you turned into a four members band. How did that affect the sound and the band itself? 
 
A: Since we went through complications and our organization was like a mesh, the projection/forecast of each part (Kazuya plays) turned out well. Playing each section has good points but once he changed the extent of his responsibilities, it also changed the way to enjoy them. Kazuya can play the guitar, the violin and the bass so turning a “two-guitar-section” into one and having both of them (Yumeji and Kazuya) playing the string instruments is really promising.
 
Q: After that, you had a come-back concert in which you released 2 new songs. One of them, “History”, is now included in your new album ‘FLUID’. The other one, “Paint in watercolor”, was also released -as a single- but, are you planning to release that song in another format? (Note: “History” and “Paint in watercolor” were released as an exclusive single for that concert.)
A: It’s been like one year since we don’t have an acoustic event before a One-man Tour. Our intention as composers would be to “do something special for all the people who came to see our new line-up”. I really think (Paint in watercolor) is a good song, so I would like to give it new airs or re-record it.
 
Q: Last September you released a new album called ‘FLUID’. I feel you have now more songs that can evoke HOLLOWGRAM’s performances without changing a bit of your strong points: delicacy and lyricism. Tell me more about the process of composition, the writing of lyrics and the recording.
 
A: We have tried to go through new ways in our sound that we haven’t tried until now. But it doesn’t mean we have changed things without planning them first. This is the result of bringing together new things that each of us has worked on step by step. When we started working on the album we considered avoiding acoustic music, but we ended up doing the album this way.
 
As for the lyrics, I decided to put an end the concept “antimony” in which I’ve been working with since our first release, ‘Qualia’. (This time) I while I wrote them, I wanted to depict things that are in conflict; things that are not solid. Like the contradictions in this world and the disorder in the chaos, the memories we keep in our hearts is what we call ‘FLUID’.
 
Q: This month starts your One-man Tour “The fluid”. What are you most looking forward to? Also, since each one of you is going to play in their birthplace, tell us how you feel about it.
 
A: We have already been in Sapporo in June but it has been a lot since we have a One-man in Nagano and Niigata. Changing is also a way to face each other. Birthplaces and ages don’t change, what changes is the way we look at them. Considering that, I want to set alight our own fire in every performance. The entertainment industry is a hard path to chose but we want to go on this way with our lyrics and music.
 
Q: Apart from HOLLOWGRAM, you also have your own projects and/or perform as support members in other bands. How do you do to switch from one to another? Also, let me know if there is any advantage doing that and what are you more careful about?
 
A: It depends on you whether you let things like age, futility or lack of purpose, reflect on you. It’s clear that if you overstrain or force yourself you’ll lose your health, so now I keep in mind that I have to take care of myself.
 
Q: The 20th of January next year you will have your 5th Anniversary Concert. Tell us your expectations regarding this tour finale. And let us know if you have any purpose for HOLLOWGRAM next year.
 
A: HOLLOWGRAM songs are about the past and the future. They are tributes to life and to humble hearts. In these 5 years and in this quarter of century the things we have treasured will be more important.
 
Q: Finally, send a message to all your listeners and fans.
 
A: Firstly, I’d like to thank the people who have always supported me in the past. Thanks to all of you now I can play all across the country. And secondly, to the people I had the chance to meet recently; I can assure you we are better band now.
 
I am pleased to have met you.
 
ryo

 


 

  respondent : Yumeji

 
Q20179月から一也さんがギターからベースへパートチェンジして4人体制となりましたが
音の変化、バンドの変化はどうでしたか?
 
A : 当然、一人欠ける事で楽曲制作もLIVEも今までと同じようにはならないです。
サポートベーシストを入れて今まで通りの編成という選択肢も当然あったけど
一也くんがベースに転向した現在の形がベストだと思ってます。
まだまだ手探りなところはそれぞれあると思うけど
何よりメインコンポーザーである彼が一番楽曲を理解しているから。
そしてツインギターからワンギターになった事で、とにかく俺の手が大変な事になりました。笑
 
 
Q:その新体制での復活ライブでは新曲が2曲発表されました
その一曲のHistoryは新作FLUIDに新録の形で収録されていますね
もう片方のPaint in watercolorは配布という形でしたが、今後何かの形で収録の予定はありますか?
 
A : 今のところ予定は考えていませんが、個人的には詩も曲もとても好きなので再収録して発表したいと思ってます。
 
Q:新しい音源FLUIDが9月にリリースされました
これまでの繊細で叙情的なHOLLOWGRAMの長所を変えずに、
肉体的でライブを想起させる楽曲が増えたように感じました。
作詞、作曲、レコーディングなどでこだわった点、トピックなどを教えてください。
 
A : 叙情的で憂いを感じる曲調はHOLLOWGRAMの代名詞であり得意とするところなんですが、
新たな編成となった事で気持ちも活動も新たにスタートしたいなと。
昨年(2017年)はLIVEを極端に控えてしまったので
反動もあって今年は動くぞ!と自分の中でLIVEをイメージして取り掛かりました。
結果その色味が多く出たのかなと。
 
Q:今月からOne-man tour “The fluid”が始まりますが、何が一番楽しみですか?
またそれぞれ皆さんの出身地の公演もあります意気込みを教えてください。
 
A : 各地の街の空気や趣。住んでいた街の移り変わり。美味しい食べ物。
何より皆の笑顔に会える事。
全てが楽しみです。
 
Q:皆さんHOLLOWGRAMの活動以外でもそれぞれサポートや自身のバンドなど
多方面で活躍されていますが、切り替えはどのようにしていますか?
またそういった活動の利点、気をつけている点、などを教えてください。
 
A : 経験の中でいつも考えてる事は、現場で求められる物と自分のスタイルの擦り合わせ。
そして自分がそこに居て弾く意味と価値。
利点は”出会い”と”新たな発見”
気をつける事は、何があっても貫き通す事。
そんなところかな。。
 
Q:来年1/20にはHOLLOWGRAM5周年記念公演が控えています。
ツアーファイナルに向けての抱負を聞かせてください
また来年のHOLLOWGRAMのビジョンがあったら聞かせていただけますでしょうか
 
A : HOLLOWGRAM初の全国ツアー、旅の途中でメンバーそれぞれ手探りで見つけた答えがそこにあると思います。
 
 
Q:最期にリスナー、ファンの皆さんへのメッセージを聞かせてください。
 
A : AUDIOでもLIVEでもどのツールからでも構わない、
HOLLOWGRAMを見つけてくれてありがとう。
いつでも音に逢いに来てください。
読んでくれてありがとう。
 
 
 
夢時
 
 

Q: In September of 2017 Kazuya changed from guitarist to bassist and you turned into a four members band. How did that affect the sound and the band itself? 
 
A: Of course, since one of us left, our music compositions and concerts were different from that point on. We also had other options, like getting a support bassist for the band. But since Kazuya started to play the bass now I consider him the bassist of the band. Sometimes we still fumble along but since Kazuya is the main composer he can understand the songs well. Also, we used to be two guitarists in the band, but now that’s only me I feel like my hands are paying the price. (Laughs)
 
Q: After that you had a come-back concert in which you released 2 new songs. One of them, “History”, is now included in your new album ‘FLUID’. The other one, “Paint in watercolor”, was also released on that day but, are you planning to release that song in another format? (Note: “History” and “Paint in watercolor” were released as an exclusive single for that concert.)
 
A: We don’t have anything prepared right now but I personally love the lyrics and music of this song, so I’d like to re-record and then release it.
 
Q: Last September you released a new album called ‘FLUID’. I feel you have now more songs that can evoke HOLLOWGRAM’s performances without changing a bit of your strong points: delicacy and lyricism. Tell me more about the process of composition, the writing of lyrics and the recording.
 
A: Even though the sorrowful and lyrical melodies are the strong point of HOLLOWGRAM, the new line-up reflects the new feelings and re-start of the band
Last year, in 2017, we spent a lot of time without playing (as HOLLOWGRAM) so this tear I’ m like “let’s work!” Now I want to show everyone a lot of different shades.
 
Q: This month starts the One-man Tour “The fluid”. What are you most looking forward to? Also, since each one of you is going to play in their birthplace, tell us how you feel about it.
 
A : I’m looking forward to the atmosphere and feel of each place, the tasteful food, how the city I lived in has changed, but the most important to me is to see your smiles. I’m looking forward to all the performances!
 
Q: HOLLOWGRAM, you also have your own projects and/or perform as support members in other bands. How do you do to switch from one to another? Also, let me know if there is any advantage doing that and what are you more careful about?
 
A: Thinking about my experiences, I always aim to do what I want while I keep in mind my own style. I also consider the meaning and value of playing wherever I am. The advantages would be the “meetings” and “new discoveries”. It’s important to persist whatever happens. I think that’s it.
 
Q: The 20th of January next year you will have your 5th Anniversary Concert. Tell us your expectations regarding this tour finale. And let us know if you have any purpose for HOLLOWGRAM next year.
 
A: This is the first nationwide tour for HOLLOWGRAM. Each one of us has found answers through this journey.
 
Q: Finally, send a message to all your listeners and fans.
 
A: Whether it was through our music or concerts, thank you for discovering us. Come to listen to our music anytime.
 
Thank you for reading.
 
 
Yumeji

 


 

respondent : Kazuya

 
Q20179月から一也さんがギターからベースへパートチェンジして4人体制となりましたが
音の変化、バンドの変化はどうでしたか?
 
4人になった分よりバンドサウンドに近づいていきました。
 
 
Q:その新体制での復活ライブでは新曲が2曲発表されました
その一曲のHistoryは新作FLUIDに新録の形で収録されていますね
もう片方のPaint in watercolorは配布という形でしたが、今後何かの形で収録の予定はありますか?
 
ありません。もし収録するとしたら別バージョンを作って収録したいですね。
 
Q:新しい音源FLUIDが9月にリリースされました
これまでの繊細で叙情的なHOLLOWGRAMの長所を変えずに、
肉体的でライブを想起させる楽曲が増えたように感じました。
作詞、作曲、レコーディングなどでこだわった点、トピックなどを教えてください。
 
なるべく4人だけで成立させれるように、シーケンスを減らしました。
今回は色々実験して、新たな方向性にチャレンジできたんではないかと思います。
 
 
Q:今月からOne-man tour “The fluid”が始まりますが、何が一番楽しみですか?
またそれぞれ皆さんの出身地の公演もあります意気込みを教えてください。
 
やはりそれぞれの土地で食べる名物ですかね。
今回長野が入ってますが、実際地元からかなり遠いのです笑
本当なら観光スポット的な所でも来てくれた方々に紹介できたら良いのですが、僕自身が長野市に5回も行ったことないんです笑
ただせっかく長野が入っていますので、何かできたらなとは思っています。
 
Q:皆さんHOLLOWGRAMの活動以外でもそれぞれサポートや自身のバンドなど
多方面で活躍されていますが、切り替えはどのようにしていますか?
またそういった活動の利点、気をつけている点、などを教えてください。
 
 
Q:来年1/20にはHOLLOWGRAM5周年記念公演が控えています。
ツアーファイナルに向けての抱負を聞かせてください
また来年のHOLLOWGRAMのビジョンがあったら聞かせていただけますでしょうか
 
ついに我々も5周年を迎えます。
今僕たちができる全てを表現できたらなと思っております。
 
 
Q:最期にリスナー、ファンの皆さんへのメッセージを聞かせてください。
 
5年も続けてこれたのも、僕たちの音楽を聴いてくださっている皆様のおかげです。
本当にありがとうございます。
 
 
一也
 
 

Q: In September of 2017 Kazuya changed from guitarist to bassist and you turned into a four members band. How did that affect the sound and the band itself? 
 
A: We sound more like a band now that we are four.
 
Q: After that, you had a come-back concert in which you released 2 new songs. One of them, “History”, is now included in your new album ‘FLUID’. The other one, “Paint in watercolor”, was also released -as a single- but, are you planning to release that song in another format? (Note: “History” and “Paint in watercolor” were released as an exclusive single for that concert.)
 
A: No, we don’t. But in case we decide to release it again one day, I’d like to record a new version of that song.
 
Q: Last September you released a new album called ‘FLUID’. I feel you have now more songs that can evoke HOLLOWGRAM’s performances without changing a bit of your strong points: delicacy and lyricism. Tell me more about the process of composition, the writing of lyrics and the recording.
 
A: I decreased the sequences, so the base of the songs is now just the 4 of us. We had tried a lot of new things this time. I thought we could take a new direction.
 
Q: This month starts your One-man Tour “The fluid”. What are you most looking forward to? Also, since each one of you is going to play in their birthplace, tell us how you feel about it.
A: Of course, I look forward to eat the culinary specialty of each city. In this tour we’ll visit Nagano, and that prefecture is pretty far from my birthplace. (Laughs) It would be nice to hear from fans what tourist attractions we can visit, though I’ve been there so many times that I can’t even count them. (Laughs) It’ll be nice to see what we can do in Nagano since it has been included in this tour.
 
Q: Apart from HOLLOWGRAM, you also have your own projects and/or perform as support members in other bands. How do you do to switch from one to another? Also, let me know if there is any advantage doing that and what are you more careful about?
(Note: No answer was given for this question.)
 
Q: The 20th of January next year you will have your 5th Anniversary Concert. Tell us your expectations regarding this Tour Finale. And let us know if you have any purpose for HOLLOWGRAM next year.
 
A: We are finally reaching our 5th Anniversary! I hope we’ll be able to express what our potential is now.
 
Q: Finally, send a message to all your listeners and fans.
 
A: We have been able to play for 5 years thanks to all of the people who listen to our music. Thank you so much.
 
Kazuya

 


 

respondent : Shinya

 
Q20179月から一也さんがギターからベースへパートチェンジして4人体制となりましたが
音の変化、バンドの変化はどうでしたか?
 
音の変化としては、かなりスッキリしてライブはやりやすくなったかな。
スッキリした分、弦楽器2人の音が聞こえやすくなった。
 
Q:その新体制での復活ライブでは新曲が2曲発表されました
その一曲のHistoryは新作FLUIDに新録の形で収録されていますね
もう片方のPaint in watercolorは配布という形でしたが、今後何かの形で収録の予定はありますか?
 
 
Q:新しい音源FLUIDが9月にリリースされました
これまでの繊細で叙情的なHOLLOWGRAMの長所を変えずに、
肉体的でライブを想起させる楽曲が増えたように感じました。
作詞、作曲、レコーディングなどでこだわった点、トピックなどを教えてください。
 
今までと同様にライブで演奏を重ねていって、曲を成長させて行く感覚。
ドラムフレーズはいつもライブを想定してつくってますね。
 
Q:今月からOne-man tour “The fluid”が始まりますが、何が一番楽しみですか?
またそれぞれ皆さんの出身地の公演もあります意気込みを教えてください。
 
誤解を恐れずに言うと、ライブとかって、いつも意気込んでないんですよね。
出来るだけフラットな状態で演奏してるつもりです。
そうでありたいんですよね。
でもやっぱり自然と熱くなってるかなw
 
Q:皆さんHOLLOWGRAMの活動以外でもそれぞれサポートや自身のバンドなど
多方面で活躍されていますが、切り替えはどのようにしていますか?
またそういった活動の利点、気をつけている点、などを教えてください。
 
HOLLOWGRAMは自分が素でいられる場所なんで、
他のところでは、、、
やっぱり素に近いかな。
でもサポートの時はそれなりに気を使ってます。
それなりに。
 
Q:来年1/20にはHOLLOWGRAM5周年記念公演が控えています。
ツアーファイナルに向けての抱負を聞かせてください
また来年のHOLLOWGRAMのビジョンがあったら聞かせていただけますでしょうか
 
毎年恒例の周年ライブなんで、もちろん楽しみます。
フラットに。
 
Q:最期にリスナー、ファンの皆さんへのメッセージを聞かせてください。
 
「ありがとう」
 
 
Shinya
 
 

Q: In September of 2017 Kazuya changed from guitarist to bassist and you turned into a four members band. How did that affect the sound and the band itself? 
 
A: I think changing our sound has been quite refreshing and now is easier for us to perform. I also feel refreshing and easier to listen to both string instruments (bass and guitar).
 
Q: After that, you had a come-back concert in which you released 2 new songs. One of them, “History”, is now included in your new album ‘FLUID’. The other one, “Paint in watercolor”, was also released -as a single- but, are you planning to release that song in another format? (Note: “History” and “Paint in watercolor” were released as an exclusive single for that concert.)
 
(Note: No answer was given for this question.)
 
Q: Last September you released a new album called ‘FLUID’. I feel you have now more songs that can evoke HOLLOWGRAM’s performances without changing a bit of your strong points: delicacy and lyricism. Tell me more about the process of composition, the writing of lyrics and the recording.
 
A: I’ll –as usual– perform the songs over and over again to give them a feeling of maturity.
I always compose the drum phrases while considering how they will sound in concerts.
 
Q: This month starts your One-man Tour “The fluid”. What are you most looking forward to? Also, since each one of you is going to play in their birthplace, tell us how you feel about it.
 
A: At the risk of being misunderstood, I’m always enthusiastic about concerts. I plan to keep playing like how I’ve been doing so far. That’s how I want things but my performance it’s gonna be really natural and spontaneous. (Laughs)
 
Q: Apart from HOLLOWGRAM, you also have your own projects and/or perform as support members in other bands. How do you do to switch from one to another? Also, let me know if there is any advantage doing that and what are you more careful about?
 
A: For me HOLLOWGRAM is where I belong so… this is my primary commitment. But of course, when I perform as support member, I always pay full attention to that task on any given occasion.
 
Q: The 20th of January next year you will have your 5th Anniversary Concert. Tell us your expectations regarding this Tour Finale. And let us know if you have any purpose for HOLLOWGRAM next year.
 
A: It’s already a tradition for us doing this concert each year. Of course, as always I’m looking forward to it.
 
Q: Finally, send a message to all your listeners and fans.
 
A: “Thank you”.
 
Shinya